逆流性食道炎の検査方法は、以下の通りです。 ・問診 ・内視鏡検査 ・組織検査 ・PPIテスト 逆流性食道炎の診断では、問診が非常に大切なので、医師に正確な症状を伝えるようにしてください。 問診では、QUEST問診票というものを使用して、逆流性食道炎なのかどうか判断する場合もあります。 内視鏡検査というのは、胃カメラを使って食道の粘膜状態を確認する検査方法です。 この検査をすることで、どのくらい状態が悪いのかを確認することができるでしょう。 組織検査は、逆流性食道炎なのかどうか区別できない場合に、組織をとって検査を行います。 PPIテストとは、プロトンポンプ阻害薬を服用して、効果の有無を確認するというものです。 一般的に、PPIテストは内視鏡検査で異常がなかった場合に行われるでしょう。 病院に行くと、このような方法で逆流性食道炎の検査を行いますが、問診と内視鏡検査で逆流性食道炎なのかどうか分かるケースが多いので、組織検査やPPIテストを行う可能性は低いです。